税理士法人 東京/税理士法人 A .I ブレイン
 
 
税理士法人 A .I ブレイン

代表社員 税理士 大井敏生

税理士法人 A .I ブレインは、新規設立法人の記帳指導、法人税申告書・決算書の作成から相続税対策・相続税申告書作成まで、一生涯のお手伝いをする税理士法人(税理士事務所/会計事務所)です。

◇ 主な業務内容
・法人税務、会計業務
・企業組織再編税制およびM&A
・相続対策、相続税申告
・事業承継対策
 
 
 所得控除
 
■ 所得控除とは、各納税者の個人的事情を考慮して所得税額を計算する方法です。例えば、納税義務者に配偶者や扶養親族がいる場合、また、家族が病気を患ってしまった場合など、一定の所得控除の要件に該当すれば、各種所得の金額の合計額から各種所得控除の額の合計額を差し引くことができます。したがって、納める税金は、その残りの金額を基礎として計算されます(所法2、72〜79、81〜84、86、165)。
 所得控除の種類は次のとおりです。
 
 
<所得控除一覧表>
<種 類>
<内 容>
<控除額>
□ 雑損控除 災害又は盗難若しくは横領によって、資産について損害を受けた場合。 次のいずれか多い方の金額
@ (差引損失額)−(総所得金額等)×10%
A (差引損失額のうち災害関連支出の金額)−5万円
□ 医療費控除

自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合。

(実際に支払った医療費の合計額−アの金額)−イの金額
ア:保険金等で補てんされる金額
イ:10万円 ただし、その年の総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等5%の金額
※ 控除限度額200万円
□ 社会保険料控除 自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族の負担すべき社会保険料を支払った場合。 その年に支払った金額又は給与や公的年金から差し引かれた金額の全額
□ 小規模企業共済等掛金控除 小規模企業共済法に規定する共済契約の掛金、確定拠出年金法に規定する個人型年金の加入者掛金及び心身障害者扶養共済制度の掛金を支払った場合。 その年に支払った掛金の全額
□ 生命保険料控除 生命保険料や個人年金保険料を支払った場合。
支払保険料の合計(年間)
控除額
2万5千円以下 支払金額
2万5千円超5万円以下 支払金額÷2+1万2,500円
5万円超10万円以下 支払金額÷4+2万5,000円
10万円超 5万円
生命保険料と個人年金保険料についてそれぞれ上の表の計算式に当てはめて計算。
□ 地震保険料控除 特定の損害保険契約等に係る地震等損害部分の保険料や掛金を支払った場合。
区分
支払保険料の合計(年間) 控除額
@ 地震保険料 5万円以下 支払金額
5万円超 5万円
A 旧長期損害保険料 1万円以下 支払金額
1万円超2万円以下 支払金額÷2+5千円
2万円超 1万5千円
@A両方ある場合は、それぞれの方法で計算した金額の合計額(控除限度額5万円)。
□ 寄附金控除 国や地方公共団体、特定公益増進法人などに対し、「特定寄附金」を支出した場合。 次のいずれか低い方の金額−5千円
@ その年に支出した特定寄附金の合計額
A その年の総所得金額等の40%相当額
□ 障害者控除 本人又は控除対象配偶者や扶養親族が所得税法上の障害者に当てはまる場合。 障害者1人について27万円。また、特別障害者に該当する場合は40万円。
□ 寡婦控除 女性の納税者が所得税法上の寡婦に当てはまる場合。 27万円
□ 寡夫控除 男性の納税者が所得税法上の寡夫に当てはまる場合。 27万円
□ 勤労学生控除 本人が所得税法上の勤労学生に当てはまる場合。 27万円
□ 扶養控除 本人に所得税法上の扶養親族となる人がいる場合。
同居特別障害者である人 左記以外の人
一般の扶養親族 73万円 38万円
特定扶養親族 98万円 63万円
老人扶養親族
同居老親等以外の人 83万円 48万円
同居老親等 93万円 58万円
□ 配偶者控除 本人に所得税法上の控除対象配偶者がいる場合。
同居特別障害者である人 左記以外の人
一般の控除対象配偶者 73万円 38万円
老人控除対象配偶者 83万円 48万円
□ 配偶者特別控除 配偶者に38万円以上の所得があるため配偶者控除の適用が受けられない場合。
配偶者の合計所得金額
控除額
38万円超40万円未満 38万円
40万円以上45万円未満 36万円
45万円以上50万円未満 31万円
50万円以上55万円未満 26万円
55万円以上60万円未満 21万円
60万円以上65万円未満 16万円
65万円以上70万円未満 11万円
70万円以上75万円未満 6万円
75万円以上76万円未満 3万円
76万円以上 0円
□ 基礎控除 確定申告や年末調整において所得税額の計算をする場合。 38万円


 
税理士法人A.Iブレイン お問い合わせ−新規会社設立、法人税申告書・決算書作成から資産税・相続税対策、相続税申告書・遺言書の作成、事業承継対策まで、皆さまの不安や疑問にお答えします。お気軽にお問い合わせ下さい。
 
close
Copyright A.I Brain Tax Accountant Office. All Rights Reserved.
税理士法人A.Iブレイン(旧税理士法人アクティブイノベーション)は、新規会社設立、法人税申告書・決算書作成から資産税・相続税対策、相続税申告書・遺言書の作成、事業承継対策まで、お客様の身近なブレインとして生涯サポートする税理士法人(税理士事務所・会計事務所)です!